「ラッシュ・ロワイヤル」アリーナ11(リーグ4)に挑戦!【ポイ活/11日で達成】

こんにちは。

ゲームアプリでポイ活を楽しんでいるぽこ(@poko_poii)です。

今回はポイ活ゲーム案件で挑戦した「ラッシュ・ロワイヤル」というゲームの紹介をします。

PVP形式のランダムタワーディフェンスゲーム。かなりのボリュームですが期限が60日と長いのでタワーディフェンスが好きならおすすめ案件です。

★2024年2月5日~2024年2月25日 COINCOMEとのコラボキャンペーン中!

ポイ活ゲームアプリ案件に取り組むなら欠かせないポイントサイト、COINCOME。

今回COINCOMEとコラボキャンペーンを開催させていただけることになりました!

友達紹介制度を利用してCOINCOMEに登録すると、通常50円相当のCIMポイントがもらえますが、

キャンペーン期間中に私、ぽこの友達紹介を利用して登録すると、150円相当のCIMポイントがもらえます!

さらに特定案件の利用で+100円相当のCIMポイントがもらえて、最大250円獲得のチャンスです。

この機会にぜひ登録してみてください♪

登録は↓のバナーから。もしくは招待コードを利用してくださいね。

\COINCOMEの登録はこちらから!/

紹介コード:PJwzMYrH

ラッシュ・ロワイヤル」ってどんなゲーム?

・達成条件:ステップアップ案件(詳細は下記)
・もらえるポイント:約4500~5100円

・成果受け取り期限:60日間
・2023年3月14日現在Android限定案件
・達成までにかかった日数:11日
・広告の視聴:強制広告…なし / 任意広告…多め
・おすすめ度:★★★☆☆

ジャンルはPVP形式のランダムタワーディフェンス。

過去に挑戦したポイ活ゲームアプリ案件だと「タワーロイヤル」「オールスターランダムディフェンス」と同じような仕様となっており、

ゲーム案件にも同ジャンルがちょいちょい案件が掲載されているイメージです。

同じレベルの同じユニット同士をマージして1つ上のレベルのランダムなユニットを作り、自軍を強化しつつ敵を撃退していくのが主なゲームの流れで、

配置されるユニットやマージでできあがるユニットのランダム性からドキドキのゲーム展開を味わうことができます(?)

今回は最初のステップが「アリーナ11解禁」から始まって、「リーグ4解禁」までのステップアップ案件となっています。

今まで挑戦してきた同ジャンルの案件だと最高でも「アリーナ10」だったので、ステップ1からアリーナ11(10の1つ上)はかなりハードルが高いなと感じていました。

ただ、期限が60日間とかなり長いので、時間をかけてコツコツプレイしていれば到達できるため、タワーディフェンスが好きだよという方には獲得ポイント数も相まって結構おすすめ案件です。

どうしても試合数を重ねる必要があり時間はかかるので、

逆にタワーディフェンスはあまり得意じゃないけど高ポイントだから気になる、という方にはあまりおすすめできない案件となります。

わたしはアリーナ11到達まで4日、リーグ4到達まで11日で達成できましたが、

時間にするとリーグ4まで43時間と、1日あたり4時間弱プレイしている計算になります。(アリーナ11までは約20時間)

対戦相手の強さやユニットの獲得状況でいろいろ変わってきますが一つの参考になれば幸いです。

ステップアップ詳細と掲載ポイントサイト

◎ステップアップ詳細
ステップ1…アリーナ11をアンロック
ステップ2…リーグ2をアンロック
ステップ3…リーグ4をアンロック

トロフィー数でいうとアリーナ11は3000、リーグ2は4300、リーグ4は5000

アリーナ11までの比重がかなり大きいです。

リーグの方が敵は強いんですがプレイ時間はアリーナ11までの方が長かったのでせっかくステップ1までクリアできたら最後まで目指すのがいいかもしれないと思いました。

掲載ポイントサイト
※2023年3月14日時点の情報です

COINCOME:5160円

モッピー:5151円
ワラウ:4641円

現時点ではCOINCOMEのタイムセール価格が最高額になります。

全ステップ合計すると5000円を超えるのは無課金攻略が可能な案件では破格な部類だと思います。

攻略メモ

アリーナ11(リーグ2、4)アンロックまでの流れ

今回の案件の対象コンテンツは「PvP」です。

ほかのコンテンツも強化のために触れることにはなりますが、基本はPvPをひたっすらプレイし続けて敵を倒し、トロフィーを貯めていくことになります。

試合に勝つとトロフィーが増え、負けると減ります。

勝ったときは+30弱、負けたら-15くらいと、勝ったときの方が量が多いので数をこなして地道に増やしていきましょう。

連敗しても…気にしない…!

獲得トロフィーが一定に達するとアリーナランクが上がります。

なお、リーグはアリーナ13の次のランクです。

必要トロフィー数は

アリーナ11…3000
リーグ2…4300
リーグ4…5000

数字を見るとわかる通り、かなりの数対戦をこなす必要があります。

頑張りましょう…!

使用していた編成

(レジェンドは特に)引き運など関わってくるので参考になるか微妙ですがわたしが使用していた編成を一例として紹介したいと思います。

アリーナ9(トロフィー1950)まで

トロフィー1950でレジェンド確定の宝箱が入手できます。

それまでは基本的に課金しないとレジェンドは手に入りません(協力モードで運がよければ手に入るかも)

レジェンド入手前は画像のような編成でプレイしていました。

・エンジニア…メインアタッカー
・ハンター…サブアタッカー
・極寒の魔法使い…敵の速度下げ
・アルケミスト…サブアタッカー(雑魚退治に良)
・門番…エンジニアの位置調整用

エンジニアは連結(隣通しに連続して配置する)させると与えるダメージが増加します。

たくさん配置できるとレジェンドをしのぐ攻撃力になる(らしい)&必ず入手できるユニット

ということで、序盤は対戦相手もエンジニア編成がめちゃくちゃ多かったです。

「門番」は同じランクのユニットと位置を入れ替えることができるので、エンジニア同士が隣になるように場所入れ替え役として入れていました。

他は適当でした()

極寒の魔法使いは敵の動きを遅くするので同レベルの相手との戦いになったときにタッチの差で勝てることがあると攻略に書いてあったので入れてたんですがあまり効果は実感できなかったです。(目に見えないとこで活躍してたかもですが)

アリーナ11到達時

ステップ1のアリーナ11に到達したときの編成はこんな感じでした。

トロフィー1950のレジェンド確定宝箱で「ケンカ男」というダメージ系ユニットが手に入ったので、メインアタッカーをエンジニアと交代させました。

・グラインダー…サブアタッカー
・ケンカ男…メインアタッカー
・吸血鬼…ポーション補充
・アイビー…サブアタッカー
・化学者…デバフ

連結させるという制約がなくなったのでかなり自由に編成が組めるようになりました。

グラインダーは隣接しているユニットに追加ダメージを与える効果を付与するサポートユニットなんですが、

正直アタッカーとして使用していたケンカ男もアイビーもそんなに攻撃速度が速くないので今思うと相性としては微妙でした。

吸血鬼は技がヒットすると敵からポーションをもらえるサポートユニットで、ゲーム開始時からレベルMAXにしておくとアップグレード分以上のポーションが供給されて結構よかったです。

化学者は敵が受けるダメージを増加させるいわゆる「防御デバフ」をするユニットです。

実質アタッカーの攻撃力増加だと攻略Youtubeで見たので入れてみてました。

目に見える効果じゃないのでどれだけ活躍してたのかは分からないんですが高レベルを1体配置できてると敵の溶けるスピードが早かったので多分活躍はしてたと思います。笑

アイビーは1人いればWave1の雑魚敵は全部倒せるくらい殲滅力が高いので序盤の事故防止によかったです。(敵が強くなると処理が追い付かなくなるのでゲーム後半はマージさせてた)

リーグ2、リーグ4到達時

この間もちょこちょこ編成は替えていろいろ試してたんですがリーグ入ってからはほとんどこの編成でプレイしていました。

・巫女…ポーション補充
・ケンカ男…メインアタッカー
・パントマイムアーティスト…人数調整
・爆撃手…ボス技妨害&速度遅延
・調査官…メインアタッカー

プレイ7日目に魔法の粉(1000集めるとレジェンド1体と交換できる)が集まったので「調査官」というレジェンドカードが増えました。

調査官もダメージ系ユニットだったのでアタッカーと入れ替え…。

ただ、調査官は配置されている人数が「1人、4人、7人」のときにダメージが増加する特殊なユニットだったので、適当にやっていると全然火力が出なくて困りました。

そこで、同じランクであれば誰とでもマージができる「パントマイムアーティスト」を採用して人数を調整するようにしました。

ポーション補充の面で見ると前まで採用していた吸血鬼の方が優秀そうですが、パントマイムアーティストと相性がいい巫女を採用しています。

(巫女はマージしたり消滅・変身するとポーションを生成するユニットです)

爆撃手は敵を失神させる効果を持っており、ボスの厄介な技を防いだり敵の行動速度を遅くするなど思ったより強かったです。最初から使えばよかった。笑

◎おまけ

トロフィー3950(リーグ1直前)でもレジェンド確定宝箱がもらえます。

そこで「スクレーパー」というレジェンドユニットをもらえました。

調査官編成に必須レベルになるといろいろな攻略サイトや動画で言われてて、調査官もたまたま当ててたわたしは「めっちゃ当たりやん!」って喜んだんですが

難しすぎて使いこなせず…笑 めちゃくちゃ連敗したので結局最終編成には入れてません。

レジェンドとはいえ脳死で使ってるだけじゃ強く使えないユニットも多いんだなと調査官とスクレーパーで思い知りました。

…というわけで、無課金でリーグ4到達までに手に入ったレジェンドは3体でした。ということを書きたかった。笑

プレイ中のだいたいの流れ

(1)レベル1のユニットを全面に配置する
(2)バランスを見ながらマージしてレベル2を作る
→1体マージしたら1体召喚、という感じでできるだけ数を減らさないように注意してた
(3)Wave2あたりからランクを上げていく。ダメージ系を優先
(4)マージを繰り返しながら対戦相手がやられるのを待つ。笑

わたしの場合、なので合ってるかはわかりません。w

クエストをやろう

・デイリー
・シーズン
・イベント(開催時)
・キャリア

クエストには4種類あり、PvPやCo-opをプレイすると勝手にクリアしていくものがほとんどです。

報酬でカードなどがもらえるので積極的にこなしていきましょう。

特に「キャリア」は現在のものをクリアしたら次のクエストが出るという形式なので、逐一確認して順番にクリアしていくと良いと思います。

広告視聴について

ラッシュ・ロワイヤルは強制広告はありませんが、無課金で自編成を強化していくなら任意広告の視聴は必須になると思います。

・PvP、Co-Opプレイ時にコイン、プレミアムパスポイント、クリスタルを追加獲得
・ショップのラインナップ更新
・試合終了時の宝箱(勝利時→勝利の宝箱、敗北時→サポートの箱)

だいたい見るポイントは上記の3つ

どれでもいいので広告を10回見るごとに「巨大広告の宝箱」を開けることができ、ゴールドやカードをたくさんもらうことができます。

積み重ねが大事なのでできれば広告はしっかり見ておきましょう。

カードを強化してクリティカル打撃を上げよう

クリティカル打撃の数値を上げると敵に与えるダメージが増加します。

この数字はカードをアップグレードすると増やすことができます。

レアリティやランク数が高い方がより多く数値を増やすことができるっぽいです。

これは編成に入れていないカードも対象なので、使わないカードでもアップグレードしておくと良いでしょう。

エピック以上のカードのアップグレードはかなりゴールドを消費するので

編成に入ってるカードのアップグレードをした後余裕があれば順番にやっていくと良い感じです。

Co-Opについて

(パートナーはわたしはずっとランダムでやってました。宝の地図はPvPでたまにドロップした)

Co-Opはいわゆる「協力モード」で、他のユーザーと協力してダンジョンに潜り、既定の階層数攻略するとクリアになります。

ゴールドの獲得量が多いので、カードのランク上げでゴールドが足りなくなったら積極的に挑戦しましょう。

結構1回の挑戦に時間がかかるので(10分以上)時間に余裕があるときにやった方が良いと思います。

わたしはチャプター2のフロア5までクリアしました。

チャプター2のフロア6までクリアできるとレジェンド確定の宝箱がもらえます。(味方に恵まれないときついかもしれない)

リーグの期間切り替えについて

リーグには開催期間が設定されています。

説明を読む感じ、シーズンが終わるとトロフィーの数が4000個にリセットされるようです。

リーグ4を目指す場合、リセット前に到達しないとおそらくリーグ1到達後に貯めたトロフィーが無駄になってしまうので注意が必要です。

4000以下にはならないっぽいので、リーグ1以下まで戻ることはありません。

今回の案件は期限が60日あるので、リーグ1到達時にシーズンの開催期間を確認してリセットまでの期間中にリーグ4到達が難しそうだなと感じたら、

リセットされるまではログインだけかデイリー消化くらいにとどめておいて、新シーズンが始まったあとにリーグ4を目指した方が良いと思います。(シーズン終了時にランクの位置に応じて報酬がもらえるのでいけるとこまでやるのもアリ)

おわりに

今回は「ラッシュ・ロワイヤル」の紹介でした。

難易度は高めでしたが個人的にランダム系のタワーディフェンスはめちゃくちゃ好きなのでこれで5000円もらえるのはかなり美味しかったです。

試行錯誤しながら繰り返し対戦することになるのでこのジャンルが好きじゃないと難しいかもしれませんが好きな方にはおすすめなのでぜひ挑戦してみてください!

それではここまで読んでいただきありがとうございました。