「Hunt Royale」アンデットの洞窟フロア8到達に挑戦!【ポイ活/1日(4時間)で達成】

こんにちは。

ポイ活ゲームアプリ案件を楽しんでいるぽこ(@poko_poii)です。

今回はポイ活ゲームアプリ案件で挑戦した「Hunt Royale」(ハント・ロワイヤル)というゲームの紹介をします。

モンスターを狩りながら生き残るアクションRPG。課金が条件になっているので実際の獲得ポイントは低めですが難易度もそこまで高くはないのでアクションゲームが好きな方であれば気楽に取り組める案件です。

当記事では「Hunt Royale」のポイ活条件達成の方法について実際のプレイ体験をもとに攻略メモを紹介します。

★2024年2月5日~2024年2月25日 COINCOMEとのコラボキャンペーン中!

ポイ活ゲームアプリ案件に取り組むなら欠かせないポイントサイト、COINCOME。

今回COINCOMEとコラボキャンペーンを開催させていただけることになりました!

友達紹介制度を利用してCOINCOMEに登録すると、通常50円相当のCIMポイントがもらえますが、

キャンペーン期間中に私、ぽこの友達紹介を利用して登録すると、150円相当のCIMポイントがもらえます!

さらに特定案件の利用で+100円相当のCIMポイントがもらえて、最大250円獲得のチャンスです。

この機会にぜひ登録してみてください♪

登録は↓のバナーから。もしくは招待コードを利用してくださいね。

\COINCOMEの登録はこちらから!/

紹介コード:PJwzMYrH

Hunt Royale」ってどんなゲーム?

・達成条件:アンデットの洞窟 フロア 8到達&初回課金
・もらえるポイント:課金分除いて約150~200円

・成果受け取り期限:10日間
・2024年1月9日現在iOS限定案件
※Androidに案件ページがあったとしてもiOSのみが対象の場合があります(GameRexxのミッションページに対象OSの記載があるはずなのでそこで確認可能)
・達成までにかかった日数:1日(プレイ時間約4時間)
・広告の視聴:強制広告…なし / 任意広告…多め
・おすすめ度:★★★☆☆

ジャンルはアクションRPG

湧いてくる敵を倒してレベルを上げ、スキルを取得していく流れはヴァンサバ系のアクションゲームに似ていますが、PvPの要素があったり、今回の条件がダンジョンコンテンツなので必要な作業は従来のヴァンサバ系ゲーム案件とは異なります。

今回は「アンデットの洞窟 フロア 8到達」が条件ということで、ハント・ロワイヤルのサブコンテンツに存在する「アンデットの洞窟」をコツコツ攻略していくことになります。

操作に慣れるまでは何回も戦闘不能になりましたが慣れてきたら案外サクっとクリアできた印象です。

ダイヤの使い道など気を付ければあまり難易度は高くないと思うので、アクションゲームが好きな方は暇つぶしに取り組むのも良いかもしれません。

今回の条件には「初回課金」が含まれています。

最低課金額は300円なので、実際の獲得金額は150~200円とあまり高くありません。

アクションゲームが好きではない方にはコスパ微妙な案件だということだけは注意した方が良いかも。

掲載ポイントサイト

※2024年1月9日時点の情報です

アルテマポイント(SmaAD):500円
ワラウ:405円

実際は上記金額から初回課金(最低300円)を引いた金額になります。

アルテマポイントなら200円なのでまあアリかな…という感じ。

300円を下回るポイントサイトもある(赤字!)ので気を付けましょう。

攻略メモ

初回課金で購入するアイテムについて

個人的なオススメは画像に表示されている「幸先の良いスタート!」です。

最初から売られているか忘れてしまったのですが、もし最初から売られていなかったら少しプレイすれば出てくると思います。

純粋なジェム数だと恒常商品の80ジェム(30+50)の方が多いかもしれませんが、宝箱から出てくるキャラピースや1000ゴールドの方が価値が高いです。

選べるキャラピース宝箱があったと思いますが、悩んだらアンデットの洞窟の対象キャラにしておくのが無難でしょう。

(わたしはあまり深く考えず「Elf Acher」にしました)

販売開始から24時間経つとおそらく消えてしまうので、クリアする決意がついたら早めに購入するのが良さそうです。

アンデットの洞窟エリア8到達までの流れ

・「狩り」モード等をプレイしてトロフィーを50個集め、アンデットの洞窟を開放

・トロフィーロードを「9」まで上げて「Druid」を開放

・「アンデッドの洞窟>ストア」で「小さなアンデッドチェスト」を買って装備品を入手

・各キャラをレベル上げしてステータスアップ

・無料お試し期間アリのサブスク利用もおすすめ

・慣れるまで試行錯誤してダンジョンを8までクリアしていく

アンデッドの洞窟エリア8到達までのながれはざっくりこんな感じです。

各工程について下記でもう少し詳しくご紹介します。

「狩り」モード等をプレイしてトロフィーを50個集め、アンデットの洞窟を開放

まずは通常プレイでトロフィーを集め、アンデットの洞窟を開放しましょう。

トロフィー数50で開放されます。

モードは最初は「狩り」だけで、トロフィーが増えていくと様々なモードが解禁されますが、わたしは基本的に「狩り」のみをプレイしていました。

一回だけ「王様を護衛せよ(Co-oP)」をやって、味方がかなり強かったので30~40分くらい生き残ってたんですが時間に対してトロフィーの獲得効率が微妙でした…。(味方の方には申し訳ないですが…)

アンデットの洞窟のクリア報酬でもトロフィーがもらえるので、アンデットの洞窟開放後は詰まったら通常モードをプレイする…といった感じで優先度は落としてもOKです。

アンデットの洞窟はプレイするキャラが決まっている

アンデットの洞窟は各フロアでプレイキャラが固定されています。

1階~2階:Elf Acher

3階:Barbarian

4階:Axe Master

5階:Dragon Knight

6~7階:Druid

条件読み間違えで8階もクリアしたので一応

8階:Axe Master
9階:Wizard

でした。

キャラ未所持でもプレイ自体はできますが、レベル上げに必要なキャラピース(宝箱などから排出)は所持しているキャラの分しか入手できないため、未所持だとレベル1で戦うことになります。

腕がよければレベル1でも勝てるかもしれませんが、ある程度レベル上げしないとクリアはちょっと厳しいかなという難易度でした。

アンデットの洞窟のプレイキャラはすべてトロフィーロードを上げていくと入手できるので、最低限「Druid」が入手できるトロフィーレベル9までは上げておきましょう。

「アンデッドの洞窟>ストア」で「小さなアンデッドチェスト」を買って装備品を入手

アンデットの洞窟内にあるストアで「小さなアンデットチェスト」を買うことができます。

小さなアンデットチェストには【装備品1種+腐ったパワーストーン1個】が確定で入っています。

装備品はすべてのキャラに有効なので、いくつか開けて装備しておくとアンデットの洞窟の攻略が格段に楽になります。

チェストの購入に必要な「アンデットグラウンドの頭脳」はアンデットの洞窟のクリア報酬のほか、ジェムでも買えます。

わたしはジェムはほとんどアンデットグラウンドの頭脳購入に使用し、チェストは6~7回ほど開けました。

ダブりもあったので全身は揃わなかったのですが剣以外は装備できました。

アップグレード

アンデットグラウンドの頭脳はアンデットの洞窟内のアップグレードにも使用できます。

チェストの購入の方が優先だとは思いますが余ったら割り振っておきましょう。(正直低レベルの範囲だと恩恵は微妙かも)

わたしの場合はチェストの存在に気づく前にダメージ増加レベル5とハート出現レベル3だけ上げていました。

無料お試し期間アリのサブスク利用もおすすめ

ハント・ロワイヤルには3日間無料お試し期間付きのサブスクリプションがあります。

広告カットなどの恩恵が得られるので、スムーズにプレイしたい場合は利用してみましょう。

なお、3日間経過後は自動的に課金されてしまうのでゲームを継続しない場合はかならAppStoreから解除しましょう。

加入後即解除でも3日間は無料お試しができるので、継続しない場合は解除忘れがないように加入後即解除が良いと思います。

アンデットの洞窟内の立ち回りについて

習うより慣れよではあるとは思いますが、一応わたしがプレイ中気を付けていたことをメモがてら記録しておきます。

・レベルアップはマップ隅に4か所
・マップ中央付近のアイテムはハート(回復)or本(一時強化)がランダムで出現
・基本本orハートの近くに構えてアイテムを取りながら敵を倒し、余裕を見てレベル上げしに行く
・毒沼は踏むと即負けに繋がるので予兆を見て避ける
・逃げるだけだと規定スコアに満たない場合があるので立ち止まって討伐も大事

なお毒沼はエリアに入ってしまうと継続ダメージ、鈍足と何も良いことがないので頑張って避けましょう。

おわりに

今回は「Hunt Royale」(ハント・ロワイヤル)の紹介でした。

アクションゲームはそこまで得意じゃないので最初はやられまくってムキー!となってたんですが笑

装備が揃って被ダメが減ってきてからはわりとスムーズにプレイできました。

課金を含むので抵抗がない方向けの案件ではありますが、アクションゲームが好きな方は挑戦してみてくださいね。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。